械設計エンジニアに必要な英語力はどれくらい?【具体例で解説】

械設計エンジニアに必要な英語力はどれくらい?【具体例で解説】スキル

「機械設計に必要な英語力はどれくらい?」

「実際に仕事で英語を使うことはあるの…?」

「おすすめの英語勉強法があれば教えて欲しい」

このような疑問を解決します。

機械設計をやるうえで英語力は必ずしも必要ではありませんが、英語ができるといいこともたくさんあります。

本記事では、機械設計に必要な英語力とおすすめの勉強法を紹介します。

現役の機械設計エンジニアである僕の体験をもとにしていますので、信頼性は保証します。

「機械設計をやりたいけど、英語が苦手でも大丈夫かな…」、あるいは「機械設計で英語力を活かして仕事をしたい」と考えている方に、ぜひ参考にしてもらいたい内容です。

機械設計に必要な英語力とは

機械設計に必要な英語力とは

冒頭でも言いましたが、機械設計の仕事に英語力は必ずしも必要ではありません。

なぜなら、僕の経験上、仕事で英語を使う場面はほとんどないからです。

たとえば、僕が働いている会社は海外の顧客とやり取りがあります。

しかしながら、実際に僕が仕事で英語を使うことはほとんどありません。

顧客との会議やメールは課長や部長といった役職持ちの人たちが対応するため、イチ設計士である僕が直接英語でやり取りすることはないからです。

あるとすれば英語のメールや資料を読むくらい。Google翻訳を使えば何とかなります…。

これは僕が働く会社の場合ですが、他の会社でも同様です。

仮に英語が必要な場合でも、Google翻訳を使えば何とかなるレベル。

わざわざ勉強する必要はないと言えます。

したがって、機械設計に英語力は必要ないというのが、現役の機械設計エンジニアである僕の意見。

ただし、だからといって英語を勉強しなくてもいいという話ではありません。

英語ができることによるメリットもたくさんあるからです。

つぎからは、機械設計エンジニアが英語を勉強するメリットを紹介します。

機械設計エンジニアで英語を勉強するメリット3つ

機械設計エンジニアで英語を勉強するメリット3つ

僕が思うに、機械設計をやっている人が英語を勉強するメリットは3つあります。

  1. 収入が増える
  2. 経験が積める
  3. 周りと差がつけられる

具体的に説明していきます。

収入が増える

1つ目は、収入が増えること。

海外の顧客やサプライヤーとやり取りがある場合、英語ができると海外出張のチャンスが増えます。

海外出張に行けば出張費がもらえるので、その分収入も増えるでしょう。

実際僕の会社でも、国内のオフィスで仕事をするエンジニアよりも、営業やフィールドエンジニアといった、海外のお客様先に行って仕事をする人たちの方が給料が高かったりします。

収入を増やしたいなら、英語が話せることを上司にアピールし、海外出張に行って出張費を稼ぐのも1つです。

経験が積める

2つ目は、経験が積めること。

海外出張に行けば、周りができないような経験が積めるのでエンジニアとして成長できます。

英語ができると、単純に上司からの評価も上がるため一石二鳥。

出世にもつながりやすいでしょう。

僕の会社でも、海外出張や駐在を経験している先輩社員は、帰国したあと重要な役職につく人が多いです。

エンジニアとしての経験が積めて、出世にもつながるのがメリットと言えます。

周りと差がつけられる

3つ目は、周りと差がつけられること。

機械系出身は英語が苦手な人が多いので、少し勉強するだけでも、周りと結構差がつけられます。

実際僕の周りの先輩社員も、英語が苦手な人が多いです。

TOEICのスコアで言うと、400〜450点くらいが平均。

600点もあれば、かなり上位に入れます。

TOEIC600点なら、達成するのはそこまで大変でもないですよね。

少しの努力でそれ以上の評価が得られるのがメリットです。

機械設計で英語力を活かして働ける会社

機械設計で英語力を活かして働ける会社

つづいて、機械設計として海外で働きたいという方のために、英語力が活かせる業界・企業を紹介します。

機械設計エンジニアで英語力を活かしたいなら、ズバリ海外売上比率が高い企業に就職するのがおすすめ。

具体的には自動車メーカー、電子機器メーカー、半導体メーカー、製造装置メーカーなどです。

海外売上比率が高い企業なら海外顧客とやり取りがあるので、海外出張のチャンスが豊富。

出張先では、当然海外のお客様と英語で仕事をすることになるため、英語力を活かして働きたい方におすすめです。

また、こういった会社は海外に開発拠点を持っている場合も多く、希望すれば駐在もできます。

たとえば、トヨタ自動車はアメリカ、ベルギー、ドイツ、フランス、中国、タイに研究・開発拠点を持っています。

海外で活躍するエンジニアも多く、海外で働きたい方には魅力的な会社でしょう。

ほかにも、海外に開発拠点を持つ日本企業はたくさんあります。

興味がある方は、ぜひ調べてみると面白いでしょう。

機械設計エンジニアにおすすめの英語勉強法

機械設計エンジニアにおすすめの英語勉強法

さいごに、機械設計エンジニアの方におすすめの英語学習方法を紹介します。

僕がおすすめするのは、ずばりオンライン英会話を使った勉強法です。

オンライン英会話は、パソコンやスマホを使って、24時間365日いつでもレッスンが受けられるのが魅力。

自宅やカフェなど場所を選ばないのもメリットで、わざわざ教室に通う必要がありません。

忙しい社会人の方にもおすすめの勉強方法です。

ちなみに、僕がおすすめするオンライン英会話は以下の3校。

学習目的やレベル、仕事内容に合わせて選ぶといいです。

各スクールの特徴は別のブログでまとめていますので、興味がある方は参考にしてみてください。

レアジョブの評判|実際に体験してわかったレアジョブが向いている人・いない人
レアジョブの評判が知りたいですか?本記事では、オンライン英会話歴1年半の私が、レアジョブのレッスンを体験してその特徴をまとめました。メリット・デメリットや、どんな人におすすめかも解説していますので、これからレアジョブを始めたい方は必見です。
ビズメイツの評判|3ヶ月続けた感想と料金を安くする方法を教えます
ビズメイツの評判が気になりますか?この記事では、オンライン英会話歴1年半の私が、ビズメイツを3ヶ月続けた感想と料金を安くする方法を、わかりやすく解説します。「ビズメイツを始めたいけど、料金が高いのが気になる」という方は必見です。
EFイングリッシュライブの評判【メリット・デメリットをまとめてみた】
「EFイングリッシュライブを始めてみようかな…」 「でも、その前にレッスンの雰囲気や講師の評判が知りたい」 「そもそもオンライン英会話初心者だけど大丈夫かな…?」 このような疑問に、オンライン英会話歴1年半の私がお答えします。 &n

まとめ:英語ができると評価が上がる

まとめ:英語ができると評価が上がる

記事の内容をまとめます。

  • 機械設計の仕事で英語を使う場面は少ない
  • 英語ができると収入が増える
  • 英語ができると経験が積める
  • 英語ができると周りと差がつく
  • 英語力を活かして働きたいなら海外売上比率の高い企業を選ぶといい
  • 社会人にはオンライン英会話を使った勉強法がおすすめ

以上です。

機械設計の仕事に英語力は必要ないですが、英語を勉強するメリットは多いです。

少しの努力で大きな対価が得られるので、勉強しないのはもったいないというのが個人的な意見。

機械設計エンジニアで英語ができると、周りからの評価も上がります。

「将来、英語を使って働きたい…!」と考えている方は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました