機械設計が今後もなくならない理由【若手設計士である僕の考え】

機械設計が今後もなくならない理由【若手設計士である僕の考え】就職・転職

「機械設計に就職・転職を考えているけど、将来性が気になる…」

「AIの技術が進化してきたら、機械設計はなくなるの?」

「このまま機械設計を目指しても大丈夫かな?」

これらの質問に回答します。

こんにちは、半導体製造装置メーカーで機械設計をやっている「はく」です。

現在、社会2年目。

本記事では、「機械設計はなくなるのか」に対する、僕の意見をお伝えします。

現在機械設計をやっている方、そしてこれから機械設計の仕事に就こうとしている方々に、ぜひ、読んでもらいたい内容です。

機械設計がなくなると言われる理由

機械設計がなくなると言われる理由

ネットで「機械設計」と検索すると、「機械設計 なくなる」や「機械設計 今後」という関連ワードが出てきます。

機械設計の仕事がなくなると言われる理由は、ズバリAI技術の発達です。

AIが発達すると、要求仕様を入力するだけでAIが自動で設計をしてくれる。

そのため、僕たち設計士の仕事はなくなるということらしいです。

確かに、AIが自動で最適な形状の設計をしてくれれば、僕たち設計士がやることはほとんどなくなります。

材料選び、部品選定、強度計算、熱解析、流体解析、振動解析、、、など、要求仕様を満たす製品を設計するためには、幅広い分野の知識と経験が必要です。

しかしながら、これらの作業をすべてAIがやってくれるとなると、機械設計はいわゆる「誰でもできる仕事」になってしまいます。

では、将来的に機械設計の仕事はAIに奪われてしまうのでしょうか?

これに対する僕の答えは、次のとおりです。

機械設計は今後もなくならない

機械設計は今後もなくならない

前述の問いに対する僕の答えは、ずばり「機械設計はなくならない」です。

理由は、AIによる最適設計された製品が、実際に使える製品とは限らないこと。

具体例を挙げて、説明します。

例えばテーブルを設計する場合、AIに「4人用、耐荷重400kg、高さ1m」という条件を入力したとします。

この場合、AIは要求どおりの仕様で設計をしてくれるでしょう。

しかしながら、いざ製品を加工するとなった時に、形状が複雑で加工できない、組み立てられないなどの問題が発生する可能性があります。

あるいは、コストが高すぎるから材料や形状を変えたい場合もあるでしょう。

つまり、AIが設計したモノが、実際に使えるかどうかの判断は人が行う必要があるのです。

そして、その判断には機械設計の知識が必要で、経験豊富な機械設計エンジニアが必要になります。

AIができるのは、あくまでも「計算上」最適な設計です。

AIを採用するかどうかは僕たち機械エンジニアが判断する必要があり、ユーザーが製品を使う状況をイメージしながら設計ができるエンジニアは、今後も重宝されると考えています。

経験豊富な機械設計エンジニアが重宝される

経験豊富な機械設計エンジニアが重宝される

まとめます。

  • 機械設計がなくなると言われる理由はAI技術の発達
  • AIが発達すると、条件を入れるだけで最適な設計をしてくれる
  • AIの最適設計が、実際に製品として使えるとは限らない
  • AIの設計が使えるかどうかの判断は人が行う必要がある
  • ユーザーが製品を使う状況をイメージしながら設計ができるエンジニアは、今後も重宝される

以上です。

AIを使いこなすためには、幅広い知識を身につける必要があります。

そのためには、機械設計の勉強はもちろん、ある程度の経験も必要になるでしょう。

経験豊富な機械エンジニアになれれば、AIが発達しても仕事はなくならない、というのが僕の考えです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました